資料請求

授業ピックアップ

歴史学入門

授業ピックアップ 歴史学入門この授業は大学に入学した1年生がまず、はじめに学ぶ専門の科目です。大学で歴史学を学ぶことの意味や卒業論文を執筆するまでの四年間に大学でどのような学習をするのかについて歴史学科の6人の教員が毎週順番に講義します。考古学?日本古代史?日本中世史?日本近世史?東洋史?博物館学などの幅広い分野について、関連する史資料や最新の研究動向についてお話します。歴史学に没頭できるこれからの大学生活をイメージすることができるでしょう。

担当教員:村松 弘一教授からのメッセージ

歴史学入門の授業のなかで、毎年、歴史エッセー大賞という企画をおこなっています。「生活のなかに歴史をみる」をテーマに、学生のみなさんに800字のエッセーを書いてもらい、学生相互で読み、全員の前でプレゼンテーションをして、学生が投票をして大賞を決めます。題材は「フグの歴史」「自動販売機の歴史」「日本人と猫」、そして「志賀直哉から見た感染症」まで多種多様、何でもありです。高校までの教科書に書かれた有名人の功績や事件?戦争などの出来事を暗記する日本史や世界史とはちがい、大学で学ぶ歴史学という学問は、皆さんが自分で史資料を読み、自分で解釈し、自分で考えて論文を書くという作業です。テーマは今を生きるみなさんの生活のなかにあります。自由な発想で歴史学を楽しみましょう。

歴史調査実習Ⅱ

授業ピックアップ 歴史調査実習Ⅱ歴史調査実習は、歴史の舞台となる特定の地域を実際に歩きながら、フィールドの中で歴史を考える力を身につけることをねらいとしています。前学期には準備作業として図書館や文書館、博物館などにおいて関係文献を収集、分析し、学生自身でフィールドワークを実施するための具体的な計画を立てます。
後学期はいよいよ現地調査です。史跡?遺跡?寺院?神社などをグループ単位で調査し、得られた結果を分析し、グループごとにポスターを作成して、本学東京キャンパス7号館2階の展示スペースに展示し、パワーポイントを使って研究内容を発表した後、論文としてまとめます。このように調査研究から情報発信に至る一連の流れを体験できるのです。

担当教員:森田 喜久男教授からのメッセージ

歴史学をやってて良かったと思える瞬間、それは自分自身で隠された史実を発見したことです。私の研究テーマの一つは、奈良時代の地誌である『出雲国風土記』ですが、この文献を読み解くためにはフィールドワークが欠かせません。人の話を聞いたり、本を読んだりしただけでは今一つ実感がわかないことも現地を実際に歩いて理解できるからです。 その面白さを他の人にもわかってもらえたらと思います。歴史学とは、決して「暗記する学問」ではありません。人より、多く知っていることが重要というわけでもありません。五感を駆使して、歴史の真実に迫る。これが歴史学のフィールドワークなのです。

日本史演習Ⅲ(近世)

日本史演習Ⅲ(近世)3年次生以上の上級生を対象にして、近世の古文書の読解を進めていきます。
筆と墨を使ってくずし字で書かれた古文書。近世は大量の文献や文字史料が作成されました。これを読解していくことは、歴史学研究の醍醐味のひとつです。この時代の古文書を読み解くことで、はじめてわかる近世史像が浮上してきます。

担当教員:田中 洋平准教授からのメッセージ

歴史は歴史上の人物によって創られるのではなく、歴史家によって創られる、という言葉があります。近世から数百年の時間を経て、現在に生きる私たちの前に現れた古文書。他の誰かによって活字化された史料ではなく、くずし字で書かれた原史料は、それを作成した人物の息づかいや時代環境に対するイメージを膨らませてくれるはず。
史料に基づいて歴史像を描き、新たな歴史的事実を発掘する。これができれば、もう一人前の歴史家です。歴史学研究の大原則を大切にしながら、一緒にこの時代を追体験しましょう。そこには知的で面白い世界が広がっているはずです。

閉じる
188体育平台_188体育博彩-【官方唯一授权】@
学部
大学院
キャンパスライフ
キャリア?就職
附属機関
入試情報
資料請求 オープン
キャンパス情報
閉じる